PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

うしろすがた

             20060811190740.jpg
            うしろすがた 「老人と犬」より

 待っている。
 朝、8時半に来る、お掃除おばあさん、田中さんを・・。
 大好きなひとを待っている。
 時計を見ているわけでもなく、感じるんだなぁ。 
 もうすぐ・・。
 あそこの「かどっこ」から見えてくる。
 そのとき、シッポが「フリフリ」。 まだ、見えてないのに・・。
 あっ! きた! シッポが「バシバシ、シャカシャカ!!」
 今日、一日また、ずぅ~と一緒。しあわせな一日が始まる。

 12年程前のワンシーン。
 そして、今は、みんなこの世にはいない。
 でも、こころの中には、生きていてくれてる。
 
                 秋元 良平
 

| きずな | 19:27 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

ウチなは5頭の犬がいますが
私が仕事から帰る時間ごろはずっと
窓の外を
見ているらしいので
そうゆうの聞くと
嬉しいです

| natu | 2006/08/12 05:51 | URL | ≫ EDIT

お盆・・・
思い出すことが最高の供養だと、ある人がおっしゃっていました。
年を重ねるごとに、心の中でだけしか逢えない人が増えていく。
淋しいな。
淋しいっていう字は、“木”が2本並んで涙を流している。
木は、1本だけだったら淋しくないのかもしれない。
ひとりで生きていくことが、可能だったとしたならば・・・。

| 高野瀬 | 2006/08/12 04:40 | URL | ≫ EDIT

「でも、こころの中には、生きていてくれてる。」

この言葉、とっても救われます、、、

| ちまき55 | 2006/08/12 02:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ryoheiakimoto.blog49.fc2.com/tb.php/57-df284fa2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。