PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨にも負けず

 「雨ニモマケズ」

  雨にも負けず

  風にも負けず

  雪にも夏の暑さにも負けぬ

  丈夫なからだをもち

  慾はなく

  決して怒らず

  いつも静かに笑っている

  一日に玄米四合と

  味噌と少しの野菜を食べ

  あらゆることを

  自分を勘定に入れずに

  よく見聞きし分かり

  そして忘れず

  野原の松の林の陰の

  小さな萱ぶきの小屋にいて

  東に病気の子供あれば

  行って看病してやり

  西に疲れた母あれば

  行ってその稲の束を負い

  南に死にそうな人あれば

  行ってこわがらなくてもいいといい

  北に喧嘩や訴訟があれば

  つまらないからやめろといい

  日照りの時は涙を流し

  寒さの夏はおろおろ歩き

  みんなにでくのぼーと呼ばれ

  褒められもせず

  苦にもされず

  そういうものに

  わたしは

  なりたい

           宮沢 賢治

| きずな | 13:04 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

 「雨ニモマケズ」は

 「いきる」を伝えてくれています。

 そして、もっと深い意味「普通」を
 感じさせてくれます。
 「いと」が伝えてくれている「普通」です。
 それ一番大切な「生き方」でないかと思う
 この頃です。
 これが写真のテーマになる時がくるのかな・・

            R.Akimoto

| R.Akimoto | 2011/03/20 21:37 | URL | ≫ EDIT

シンプルに生きていくこと
子供の頃、これを読んだ時の気持ちを思い出しました。
シンプルに、自然体で生きていくことの素晴らしさと大切さを、子供心に感じた記憶が蘇ります。
震災後の混乱で、自分さえ良ければというような行動に出てしまう人も見受けられますが、そんな時こそ人間はもっとシンプルに生きていけるんだってことを思い出したいですね。

| タケコ | 2011/03/18 10:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。