PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒中お見舞い申し上げます。

 寒中お見舞い申し上げます。

 昨年は、皆様に大変お世話になりました。

 心よりの感謝と供に、ありがとうございました。

 昨年は、私事ですが、慕っておりました師が亡くなりました。

 突然の悲報に愕然といたしましたが、

 師の笑顔は心の中に、今でもあります。

 私、自身の「生」を考えさせていただき、ここにいます。

 「死」は悲しいものです。

 できれば、なくなってほしいです。

 でも、

 「次の世代に伝えること」を伝えていただき

 今、生きている人、私たちが

 それを、自分なりに伝えて生きていくことが

 「たいせつ」だと、かんじております。

 今年も「いのち」「おもい」をテーマに写真表現をして

 生きますので・・

 よろしくおねがいいたします.

前回の「霜」は、そんな・・「おもい」です。

                   秋元 良平

 

| 紹介 | 20:24 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。